NEWS

校医として中学生に「何で歯がそんなに大事なの?」という演題で講演

新着情報

毎年、校医をしている中学校で2年生に「何で歯がそんなに大事なの?」という演題で講演を行っている。

生徒からの感想が届いたので2~3紹介します。

ある女生徒から

「私は今日の講演を聞き、驚いたことがありました。それは、歯によって体にも影響してくるということです。歯のバランスが悪いと身体も曲がってくる、歯がなくなってくると体の骨もなくなる。先生は最後のほうに[歯は命]ということを伝えていましたが、本当にそうだと思いました。歯を大事にすることで十年後、二十年後の将来も変わってくるのだなと思いました。今回の講演を聞いて、私は歯に対する意識を変え、歯磨きも丁寧に行いたいと思いました。」

ある男性徒から

「歯は思った以上に大切で、日常のちょっとした姿勢で歯並びが変わってしまうなど、すごくデリケートで、きれいに健康な歯を維持し続けるのはとても大変だと思った。これから歯磨きの意識を変えていきたいと思う。」