PREVENTION_AND_MAINTENANCE

予防歯科の大切さ

これまで歯医者さんへ行くのは「歯が痛くなった時」または「むし歯の治療をするために」という考え方ではありませんでしたか?もちろん、治療医療は必要不可欠ですが治療医療のみだと、結果的にむし歯や歯周病が増え続けてしまうのが現実なのです。
これからは、しっかり予防歯科を行い、いかにむし歯で歯を削らないか、歯周病で歯を抜かないかが大切です。むし歯や歯周病にならないために日頃から歯医者さんで管理、指導する新しい歯科医療それが予防歯科医療です。

自宅での予防

まずは、ご自宅でできることから始めましょう。下記のようなことに気を付けるだけでも歯にとっては良い習慣となります。

  • 歯と歯ぐきの境目や、歯と歯の間の汚れを念入りに落としましょう
  • 食生活や歯磨き習慣など生活習慣を見直しましょう
  • フッ素やキシリトール等を積極的に取り入れましょう

歯医者でのPMTC

PMTCとは

PMTCは、通常の歯磨きでは落とすことができない場所、磨き残しやすい場所のバイオフィルムを徹底的に除去し、ヤニなどの着色を落とします。処置後は歯がツルツルになり、爽快感が得られます。
また、PMTCを定期的に繰り返すことで歯の表面がすべすべになりますので、バイオフィルムが付きにくい口腔内環境を作ることができ、ホームケアもスムーズに行うことが出来ます。その結果、「歯周病やむし歯の発症予防・進行抑制のリスクを70%減らすことができる」と報告されています。

PMTCの流れ

  • 1.ブラッシングや歯、歯肉の状態をチェックして、抗菌剤をバイオフィルムに塗ります。

  • 2.専用のシリコンラバーチップやブラシで歯の表裏、歯と歯の間を研磨します。

  • 3.消毒薬でお口の中を洗浄します。トリートメントや舌もクリーニングします。